逗子市がフェアトレードタウンに認定

2016年7月7日 17時01分

逗子市が日本で熊本市、名古屋市についで3番目、関東地方で初のフェアトレードタウンに認定されました。中小都市では国内初の認定となりました。

フェアトレードタウンとは町全体でフェアトレードを広めている自治体のことです。世界24カ国、1733の都市が宣言しています。(2015年12月現在)

開発途上国の経済的な自立や女性や子どもによる不当な労働を正し、消費者一人ひとりが意識して物を買い、消費する これがフェアトレードの基本的な考えです。生産・流通・消費の在り方、世界の不均衡はどこから来るのかを見つめることで、平和につながる。そうした町づくりがさらに拡がることを願います。