集団的自衛権行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書案 否決

2014年9月26日 20時30分 | カテゴリー: 活動報告

逗子市議会 平成26年第3回 定例会が本日で閉会しました。
本日は一般質問の他、以下3つの意見書案が提出されました。
①手話言語法(仮称)」の早期制定を求める意見書
②「危険ドラッグ」の根絶に向けた総合的な対策の強化を求める意見書
③集団的自衛権行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書

①②の意見書案は可決し、③の集団的自衛権行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書は
賛成少数により否決しております。誠に遺憾であり、日本の未来を憂う結果となりました。
この意見書案に賛成したのは、18名中、私を含め4名の議員のみとなりました。

平和と憲法の理念を守り、貫くこと。これは日本国民の責務であり不断の努力に
よって成し遂げるものであるとの信念から、これからも覚悟をもって望んで参ります。